北海道日本ハムファイターズ交流戦中日ドラゴンに勝利

北海道日本ハムファイターズが交流戦で中日ドラゴンズに勝利しました。この試合は観ていて飽きるようで飽きないワンサイドゲームのようでシーソーゲームになったりで見ごたえがありました。ファイターズ先発の斎藤佑樹が初回にいきなり4失点でこれはドラゴンズのワンサイドゲームかなって思いきやこれがどうしてか2回以降は斎藤佑樹が立ち直りドラゴンズ打線を抑え込みました。結果として斎藤佑樹は5回を4失点で降板しました。もう少し投げさせてあげてよって思ったのは僕だけじゃないはずです。なぜなら初回のみの失点でそれ以降は完全っていうくらい斎藤佑樹の投球内容が良かったです。っていうかドラゴンズ打線が2回以降打ちあぐんだって感じですね。斎藤佑樹は途中で失点したわけじゃないので初回さえせめて2失点くらいなら6回若しくは7回まで投げたかも知れませんね。そしてまだドラマは続きます。ファイターズ打線がなんと6回表に同点に追いつきます。これはツーアウトランナーなしからの攻撃で得点しました。これにより斎藤佑樹の負けがなくなりました。試合は結局延長12回にファイターズが逆転して勝ちました。斎藤佑樹の次回登板に期待ですね。