母は強くなくてはならないのと思いますのまとめです。

 私も2次の娘を持つ母親です。世間を観てるとお母さんが子供と買いもしてるのを見るとあっいいなあ見たいに癒されます。それを横目に老害は嫌味なことをしたり、自転車では幅寄せしたりとかしてるのを見ると腹が絶ちます。私は、昔の人がどれだけ苦労されたかは、分からないですがいま現代を生きてる育ててる。世帯も十分苦労をしているのです。ましてや高齢化と言われてる国の税金を納めているのですから、私は収めてないですがね。家庭にも色々なのがありますからねその辺は国がそれでいいと思って手を差し伸べてくれてるのでいいのです。ですが、子供を育ててる以上は、国の将来に貢献しているのに変わらないのです。年金やただで生活をしてる老害とは違うのです。そこは一緒にされてもアレだなと思います。病院とか行くとほんと年寄りが多く処方薬を受け取る時とかソワソワしたりして邪魔だったりします。苦労した人は、人に優しくなれると教わりましたが今の年寄り苦労を押し付けてくるので嫌です。私はそんな老害にはなりたくないなと思って過ごしています。

最も多い枝角を持ったシカ!ションブルクジカ!

かつて、タイ南西部の湿原地帯に見事な角を持ったシカが棲んでいました。

『ションブルクジカ』

姿かたちは他のシカとほぼ同じですが、特殊だったのはどのシカよりも大きく、どのシカよりも枝分かれした立派な角でした。

シカの角は主にメスへのアピールのため、そしてメスをめぐってオス同士で争うために使われました。

ションブルクジカはシカの中でも、特に角が特別に進化したシカだったのかもしれません。

しかし、近代になるとションブルクジカにとっての悲劇が始まります。

ハンターたちがションブルクジカの角を目当てに狩りを始めたのです。

ションブルクジカの大きく立派な角はトロフィーとして大きな価値があり、漢方薬の材料にもなったそうです。

更に、ションブルクジカの住処であった湿原が水田に開発されたことで、ションブルクジカは生きる場を失い、数は瞬く間に減っていきました。

森林などで生きようとしても、大きな角が邪魔になって、棲める場所は限られてしまったのです。

大きな角を持っていたがために狙われてしまったションブルクジカは、1930年代に絶滅してしまったと言われています。アリシア スムース ビューティー 違い